夜の仕事でもカードローン審査には合格します

夜の仕事の人は、カードローンの審査で落とされるという噂があります。

この噂には、全く根拠がありません。

消費者金融も銀行も、融資したお金の返済に伴う利息を売り上げとしています。
返済ができる人にはお金を貸して、返済ができない人にはお金を貸さない。

それだけの単純な世界なのです。


職業の別を理由にしてお金を貸さないといおう金融機関は、存在しないでしょう。カードローンの審査で重視されるのは、収入の安定性です。


毎年ほぼ安定して決まった金額以上の収入を得ている人ならば、問題なく審査に通ります。
世の中には、多くの老舗スナック、老舗居酒屋などがあります。

老舗である以上は、固定客をしっかりとつかんで、売り上げも安定的だという事です。


安定的である以上は、ブラックでもない限り、カードローンの審査に落ちる理由はありません。


夜の仕事だから審査に落ちる、というのは単なる噂だったのです。もちろん、安定的な売り上げのある夜の店で働く従業員も、安定的なパート収入やアルバイト収入があるでしょう。


こうした人たちも、年収は低くても安定収入ありとみなされて、カードローンの審査には合格します。

夜の仕事の人が審査に落ちるという噂の根拠には、場合によっては所得証明などの公的書類を求められることがあるから、というものがあります。
公務員や大企業であれば、その企業名を聞いただけで年収が安定していることは推察されますが、個人事業主の収入は、公的書類がなければ分かりません。
貸すほうにとってみれば、差別をしているわけでもない、至極当たり前の要求なのです。


http://www.nhk.or.jp/sapporo/kitakuro/hokkaido_china/
http://komongyou.mlit.go.jp/komon/home.seam
http://matome.naver.jp/odai/2139091663889435301